爽やか画像♪

昨日の調査の模様です♪


某トランポベースにて出発前の図。
茨城から参加のバボさんボヤさんコンビはすでに一時間以上も早く着いてバイクもライダーも準備オッケー状態。
案内人チームはここに来るまでに早くも道に迷い(をいをい)、遅刻ギリギリでした(汗
f0159638_19251263.jpg



まずは一本目の通称「鹿道」。
完全な廃道で、小川沿いのいやらしいキャンバー粘土岩盤や数々の崩落を越えたところで今回は激藪の廃水田に進路を阻まれ惜しくもルートをロスト。
本来は抜けられるとても爽やかなルートです♪
f0159638_19252580.jpg
f0159638_19253970.jpg
f0159638_19254812.jpg
f0159638_19255843.jpg



ここは二本目に突入した「水没隧道ルート」。
タンクの高さくらいまで埋まる激深わだち地獄ともがけばもがくほど埋まっていく湿地帯、そして激藪を多数の崩落箇所越えながら進み、仕上げに現れるボスキャラ的存在な「激深水没隧道」が、数々の難所をやっとの思いで越えて来た腕自慢のライダーに「通ってく?引き返す?さあどっち?」と行くも地獄戻るも地獄な究極の選択を問いかけながらぽっかり口を開けて暖かく迎えてくれます♪
f0159638_1926107.jpg
f0159638_19261940.jpg
f0159638_19263040.jpg
f0159638_19264118.jpg



おまけ画像

お昼ごはん用にウエストバックに入れておいたゆで卵も、崩落箇所で川に下り斜面を登るときに捲くれてつぶしてこのありさまに。(I河弟)
デイパックのパンも同じく。(バボさん)
f0159638_19264850.jpg
f0159638_19265812.jpg

[PR]
by semichan55 | 2009-09-13 20:02 | 二輪


<< やっぱ無いと欲しくなるねぇ 「アタック系」「ゲロ系」の老舗 >>