犬は喜び庭駆け回り♪

豪雪地方の方は雪なんてまっぴらと思うでしょうけど、関東周辺のオフバイク乗りはわざわざ雪を求めて走りに行きます♪

今回は、以前何度か行ってかなりの積雪で楽しめた茨城と福島の県境にある八溝山に、おやぢ7人と雪中キャンプが中止で「どこでもいいから雪道走らせろ~!」のKちゃんの8人で向かいました。

林道に入る前にタイヤの空気圧チェックもきっちり行い、いざ突入。
f0159638_2192052.jpg


この林道の途中からシングルトラックになり、以前はそこから積雪ががっつりあったのですが・・・

今年は暖冬なのか、はたまた地球温暖化の影響なのか、雪はまったく無く普通のマディ。

しょうがないので、周辺の支線でちょろっと遊んでから眺めのいい広場で早めのランチ。
f0159638_2110079.jpg
f0159638_21101386.jpg


ここでプチミーティングを開き、標高が比較的高くて雪がありそうな林道に行くことに。

これが大当たりで、フラットダートを気持ちよく走ってると徐々に路肩に白いものが。

やがて路面は真っ白な雪に覆われ、元気なオヤヂたちはバイクのお尻を左右に振りながら大はしゃぎ♪
f0159638_21105476.jpg
f0159638_2111825.jpg

f0159638_21195542.jpg

f0159638_21133053.jpg
f0159638_21134131.jpg

八溝山山頂で軽く観光し、「帰りは舗装路で帰る?」と今回アタック系初参加でお疲れであろう紅一点なKちゃんにお気遣いないっせいさんに、「走りが遅くて時間はかかっちゃうけど、帰りも雪中林道で行きましょう♪」のガッツある発言。
慣れないルートにたぶん相当疲れてるはずなのに、このポジティブな姿勢には脱帽です。
f0159638_21121785.jpg


ガソリン残量を気にしながらのエコ走行で後方をのんびり走ってると、行きに増して雪面に残る前走者の轍は激しさを物語ってました。

しばらく走り、雪もなくなってきた頃に私のセローが痛恨のガス欠。

後ろから来たKちゃんに、先に行ったみんなに事情を話して待っててもらってと伝言を頼み、幸いにして下りだったので惰性で下り始めました。
静かな林道をエンジン音無しのバイクで一人走ってると、寂しさと新鮮さとが混じった不思議な気持ちなりました。

ほどなく腰抜けオヤビンがお助けにやって来てくれて、ささっとロープを取り出しバイク同士を繋いで牽引して下ることに。

これがまた怖いの何の。

ロープの長さが1メートルほどで、しかも腰抜けさんの身体がでかいので前方視界はほぼ無しのなか路面がまったく見えないので、感覚的には目をつぶって走ってる感じです。

さらに、セローのスタックバーに繋いだロープが左右に動いてハンドルを不意に引っ張られて、途中から腕がパンパンでした。

10分ほど牽引されて皆さんの待つ場所に着き、「林道のJAF」ことイトウさんのXRからガソリンを分けていただき復活♪
f0159638_21143293.jpg
f0159638_21144425.jpg
f0159638_1739213.jpg


今までのエコ走行から開放され残りの林道はちょっといいペースで走り舗装路に復帰し、あとはトランポの置いてあるベースに帰るだけのとこでまたまた私のセローがエンジンストップ。

ガス欠にはまだなる距離でもなく、みんなでいてもアレだからとイトウさん、アニを残してあとのメンバーは先にベース帰ってと伝え、キャブやプラグまわりをちょこちょこやったら復活!

では急いでベースへと三人で走り始めると、1分も行かないとこに見慣れた集団が。

なななんと先行した集団の中の腰抜けさんが今度はガス欠。

すでにリアタイヤをパンクさせながら走ってたのが燃費悪化に一役買って、一日で二人がガス欠というお恥ずかしい有様(笑

もうこれでやっとベースにと走ってると、またまた私のセローが再度停止。

さすがにあと15分ほどでベース到着な場所だったので歩道にセローを置いて、仲間のアニセローの後ろに乗せてもらいベースへ。
おっさん二人が小さいセローにタンデムしてる姿は、かなりヤバイと思います(笑

やっとこベースに到着しトランポチームは積載作業や着替えを、自走チームも帰りの防寒や抜いたタイヤの空気を補充し、各自帰路に着きました。

私はみんなが帰るのと逆方向に向かい、寂しく待ってるカモシカちゃんの引き上げに向かいました。


いや~今回のイベントは見事なくらいトラブル続出で、なかでもご案内役の私自身の基本的なポカで参加してくれた皆さんに大変ご迷惑をおかけしたことをお詫び&反省し、同じようなトラブルは二度とおこさないように務めますので、これに懲りずに皆さんおいでくださいね♪

最初から最後まで道先案内を率先してやってくれたいっせいさん、牽引から代走までいつも幅広いフォローの腰抜けさん、謎のリアバックの中身を今回たっぷり使わせていただきガソリンまで分けていただいたイトウさん、朝いちからの大量鼻血で身体を張って場をなごませてくれたはなぢむらさん(笑、遠方からの参加&二回戦も一緒に参加なまち君、奥さんも乗せたことの無いタンデムを気持ち悪がらずしてくれたアニ、これまた遠くから参加し内心ドキドキなアタック系だったと思うけど文句ひとつ言わずいつも笑顔のKちゃん。

また楽しく遊びましょう♪
[PR]
by semichan55 | 2010-03-15 21:24 | 二輪


<< 八溝山から筑波山へ ダブルヘッダー >>