お初の日光周辺林道ツー


東照宮はもちろん、いろは坂さえまだ一度も走ったことがないほどなぜかずっと縁が無かった日光周辺。


小学校の修学旅行が日光だったんですが、もうすぐだってときに転校してしまい、新しく転入した学校はすでに終わってたという悲しい出来事からか、なぜか日光って行った事がなかったんです。


そんな日光の林道へのお誘いとあっちゃ~断る理由はこれっぽっちもなく、千葉かもしか軍団の1号を引き連れて二台のセローを積丹ステップワゴンに積み込んで集合場所へ向かいます。


千葉のABKを6時半にスタートして常磐道谷田部IC→北関東道→東北道→日光宇都宮道路のオール高速というちょっとブルジョアな行程で清滝のトランポデポ地な某所に9時過ぎに到着。 


まったり支度をしてると、先週のはなぢむら男塾でご一緒したゴック氏登場。


昼飯の買出しがまだのようなので先に集合場所のコンビニに行ってもらい、うちらも途中のGSでガソリン入れて向かいます。


集合場所のコンビニに着くと、セレブが午後の紅茶を楽しむような洒落た白いイスとテーブルのセットに座ってメンバーが全員集合して談笑中。


本日の林道はICやコンビニからとてもアクセスがよく、コンビニからほんの10分ほど走るとすぐに林道の入り口があり最初はタイトコーナーが続く舗装林道。


そして舗装が切れるといやらしいクレバスや浮石がゴロゴロのちょっとハードなダートに。


先行するRMXやXR400&250は気持ち良さそうに走ってる中、セローはラインを慎重に選びながらの走行を余儀なくさせられます。


途中、中禅寺湖が眼下に見える絶景ポイントで休憩を入れ、さらに峠に近づくにつれて道もちょっと荒れてきて四輪車の進入を完全にシャットアウトする土石流の跡から上はさながら水が流れてない渓流のごとくいい感じになってきました。
f0159638_2138244.jpg
f0159638_2138145.jpg
f0159638_21383771.jpg
f0159638_21391955.jpg
f0159638_21394174.jpg
f0159638_21395673.jpg


ほどなく視界が開けると某峠の交差点に到着でーす♪
f0159638_21401644.jpg


予定より早めに到着したようで昼飯にもちょっと早いとうことで、少しお散歩でもして腹ごなしに行きましょうとなり、ここからはセロー二台が先頭になり突入します。


前半のハイスピードなガレ場とはガラッと変わり、あんなとこやこんなとこをセローは楽しみながら進みますが、フルサイズ勢はちょっと大変そうでしたね。


そんなこんなで、ぼとぼち引き返して峠でメシでもなんて思ったときに、崩落ポイントを攻略していた小太郎さんがたちゴケちっくに転倒!


んでもってこれまたちょうど倒れたバイクのオイルフィルターのカバーが、ちょっと尖った岩にドンピシャでヒット!


とりあえず身体の負傷は無いようなので、この場でまずは腹ごしらえってことで林道のど真ん中でランチタイム♪
f0159638_21423419.jpg


暖かいカップラーメンがたまらん季節になりましたね~
f0159638_21413440.jpg


いっせいさんは、以前一緒に会津駒ケ岳を登ったボヤヤンさんが山に持参した具材入りラーメンに負けず劣らずなラーメンのトッピングを持参。
f0159638_2142392.jpg


普通の袋塩ラーメンが山で食べるものじゃないくらいのハイレベルになってましたよ♪


各自ランチを済ませ、小太郎さんのバイクを修復開始。


見た目は滲んでるくらいかな?だったんですが、エンジンをかけてオイルにプレッシャーがかかるや否やドボドボとオイルが・・・


こりゃこのままでの自走は無理と判断し、パッと見同形状の両津さんのXR400のカバーを装着して山から下ろすということで、小太郎さんとゴックさんのXRコンビは山中で待機。


残りの四名でトランポベースまで一気走り。


両津さんの魂のこもったカバーを大事に預かり、さらに最悪の事態のときの牽引や二次災害の転落等々にも備えてタイダウンをたすき掛けして間髪入れずに三台で再び山へ。
f0159638_2145548.jpg


先頭のいっせいさんもさすがに疲れが見え始め暴れるバイクを必死に押さえつけてカモシカ二台を引っ張り、峠直前の土石流ポイントで「ここから先のハードセクションはお前らに任せた!」とカバーを預かり1号と二人でラストスパート♪


現場に着くと霧もかなり立ち込めてて気温も下がり始め、早速カバーを装着。


ここで、まさかのどんでん返しが・・・


形状は同じだったんですが、ネジ穴が微妙に違い一本をボルト留めして合わないほうはワイヤリングで対処。
f0159638_21462892.jpg


これが見事に成功し、無事下山に成功。



今回のツーリングは、誰にでも起こりうるトラブルで各自が見事な判断、行動で乗り切り、最善な対処ができたと思います。


まだまだ走るとこがたくさんありそうな日光ですので、ぜひまた行きたいです。
[PR]
by semichan55 | 2010-09-27 21:48 | 二輪


<< 夏の疲れを吹っ飛ばせ~♪ 表、裏、何でも来いツーリングin日光 >>